ループイフダンでおなじみのアイネット証券からメルマガ届く。

FXで破産する人の特徴!大負けを避ける対策3つを解説

鈴木氏

FXで破産する人の特徴

FXで破産する人の特徴にはある共通点があるとのこと。

その1つが

感情的になってトレードするからさらに負ける

結局、負けがこむと冷静な判断ができなくなり、とことんまで負けない限りトレードし続ける状態に陥るから。

挙句の果て証拠金維持率が限界に達し、強制的に損失が確定する「ロスカット」。

借金返済の追証は発生しないものの、大半の資金を失っている状態となり、再起は難しくなる。

感情的になってさらに借金してFXのトレードをし始めると破産への道をまっしぐら。

レバレッジを効かせすぎている

F例えば9万円の資金で、米ドル/日本円が1ドル106円の際にレバレッジ25倍で2万通貨保有したとします。

レバレッジ25倍で84,800円の証拠金が必要。

余剰金はわずか5,200円という状態になります。

相場が予測の逆に動いた場合、1円の変動で2万円の損失ですからあっという間に証拠金維持率は100%を下回り、追証が発生。

ギリギリの額を入金しても、また含み損が膨らんで追証。

そして入金できなくなった時点で強制ロスカットとなり、資金を大きく失うことになるというもの。

できるだけたくさん稼ぎたい」、「できるだけスワップポイントをたくさん貰いたい」といった気持ちが限界までポジションを保有してしまう原因。