今から少し前にユーロ円のチャートを想定してエントリーチャンスをうかがうことにしていたが、早々に遅行スパンがローソク足を下に抜けてきたので、次はエントリーチャンスを待つためのシナリオをイメージしてみた。

ちなみに、少し前のチャート分析記事はこちら

ユーロ円、その後のチャート結果
ユーロ円、その後のチャート結果

1時間足で上昇トレンド継続の元になった安値付近に水平線を引いている。

まずは、ここがサポートになると思われる。

この水平線を下に抜ければ、1時間足では上昇トレンドが崩れるので、戻りを待って、いよいよ20万円入金したループイフダンを始動させたい。

そのシナリオが次のチャートで赤矢印の戻りのところ、水平線を抜けたところの2点で考えている。

eur_jpy_next
eur_jpy_next

同時に気になっているポンドドルの月足戻り高値付近でのショートエントリー。

こちらは別の分析記事にしてみることにする。