GBP USD日足レジスタンスに到達しました。

日足ではダウ理論上、まだ下降トレンドにあると判断しています。

ここまでかなり大きな調整が続いていますが、すぐ上には強力と思われるレジスタンスがあります。

前日では、そのレジスタンスで押し返されていますが、本日も陰線をつけるようなら、下落の勢いは強まると思われますのでチャンス到来とみました。

そうなれば、1時間足での戻りを狙ったエントリーを繰り返し、高確率なトレードができそうです。

この分析には、月足でもボリンジャーバンドの1σに達したこともあります。

大きなエントリーチャンスがきた様子。ただし、薄商いのなかでの安易なエントリーは控えないといけない。

gbp_usd_dailychart
gbp_usd_dailychart

下が30分足のチャートです。

戻り待ちを徹底したいので、矢印ラインまで戻りを待ってのショートエントリーをシナリオにしています。

矢印まで到達するには数時間要すると思いますので、夕方頃にチャンスが来るでしょう。ただし、戻りが1.311当たりの高値を超えて確定すると30分足での下降トレンドが崩れてしまうので、そうなれば見送りですね。

さて、その後の30分足ですが、以下のような動きを示し、大きく下落していきました。

gbp_usd_30分足
gbp_usd_30分足